top

an introduction to the institute

The great interest in the field which we have called neuroesthetics, which seeks to establish the biological and neurobiological foundations of aesthetic experience, has prompted us to establish the institute of neuroesthetics. This institute, the first of its kind in the world, is attached to the Wellcome Laboratory of Neurobiology (Vislab) at University College London, and will be based partly here and partly in Berkeley, California.

Many artists have been inspired by scientific investigations and some have undertaken their own. Leonardo is a shining example and others have included Piero della Francesca, Brunelleschi, Delacroix, Seurat, Duchamp, and Mondrian. Much of the correspondence received by us is from artists who want to learn about the new techniques scientists have to study the brain, and the insights these techniques have given us into perception and behaviour. Often the artists then use their new knowledge to create artworks.

the aims of the institute are:

to further the study of the creative process as a manifestation of the functions and functioning of the brain;

to study the biological foundations of aesthetics;

to provide a forum for artists to keep abreast of recent developments in areas of visual research and technological developments that interest them

to instil among neurobiologists the virtues of using the products of art to study the organization of the brain;

to promote the importance of learning more about the brain when approaching topics such as art, morality, religion, the law and public affairs in general, to as wide an audience as possible. Indeed, to enlarge public awareness of what a central role research on the brain has in understanding human activity in many areas that affect one’s daily life.
Over the past few years Vislab has contributed to neuroesthetics by exploring visual art in relation to the known physiology of the visual brain.

underlying the approach are three suppositions:

that all visual art must obey the laws of the visual brain, whether in conception or in execution or in appreciation;

that visual art has an overall function which is an extension of the function of the visual brain, to acquire knowledge;

that artists are, in a sense, neurologists who study the capacities of the visual brain with techniques that are unique to them.

乳酸菌を含む推奨される製品は、ここで見ることができます

乳酸菌とは何ですか?

乳酸菌はヒトの消化と一般的な健康への相対的な有益な性質を有する細菌の大規模なグループです。乳酸菌は、自然に私たちの消化管や尿路系で発生します。

全ての乳酸菌に共通するが、それらが発酵プロセスの最終生成物として乳酸を生成することである(発酵プロセスは、ここで、ラクトースを乳酸に変換するプロセスです)。

乳酸菌としても知られているプロバイオティクス他の健康促進微生物のカテゴリに入れます。

医薬品として乳酸菌

乳酸菌は、実績のある有益な効果持って 下痢に予防や治癒的の両方を特に消化管に関連する状態のため.

乳酸菌は、薬または治療薬として多くの他の状況において、しかしながら、使用されます。

これらの他の使用は、しかし、すべての医学文書を欠いており、効果的なまたは改善することは期待できません。

以下は、乳酸菌が症状または原因を緩和または軽減することができる場合がありますすべての疾患および状態の概要は次のとおりです。

働くことができる乳酸菌:

カンジダ菌によって引き起こされる膣感染症

旅行下痢

化学療法によって引き起こされる下痢

炎症性腸疾患(IBD)

過敏性腸症候群(IBS)

乳児疝痛

潰瘍(胃潰瘍の原因となる感染症に対して使用される薬の効果に​​寄与することができます)

乳児や小児のアトピー性皮膚炎の乳糖不耐症持っている か、牛乳アレルギー

肺感染

乳酸菌に影響を与えない可能性があります。

クローン病(クローン病)

乳糖不耐症

彼らは抗生物質で治療しようとしたとして、膣感染症

膣感染症や炎症カンジダ菌が原因ではない

乳酸菌は、改善または予防するために期待することはできません。

尿路感染

消化器系の問題は-も参照してください。記事劣悪(悪化)消化効果

高コレステロール

上記のように、乳酸菌は、上記の健康上の問題を軽減または治療することができるという科学的証拠はありません。

乳酸菌は、危険なことができますか?

あるいは少なくともそれが既に含まれているよりも体に多くの乳酸菌を持参するように注意するべき.

参照:善玉菌を増やす乳酸菌サプリ・・・乳酸菌はヒト体内に天然に存在するおよび一般的に有益であると見られているが、乳酸菌が危険であることができる場合があります。

これらの例は次のとおりです。

抗生物質の使用:ボディは、それが困難これらの戦いを持っている程度に有害な細菌によって侵略され、多くの場合、外来生物と戦うために体の免疫システムを助けるために抗生物質を使用しています。

また、抗生物質に負け乳酸菌-抗生物質は有害な細菌だけでなく殺します。

あなたは抗生物質が有益な乳酸菌を阻害しないようにしたい場合は、1を確認する必要があり、その抗生物質の摂取と乳酸菌(およびその逆)の間に少なくとも3時間。

免疫薬: 薬のこのタイプは、免疫系の強さを減少させるために使用され、例えば、使用されます。

自己免疫疾患の治療のためにその弱体化状態- -特定の疾患や感染症のリスクの増加をもたらす.

制御の下で乳酸菌の成長を維持することはできません外部からの乳酸菌で体を供給しながら免疫薬を服用することによってリスクは、免疫系があることです。

免疫システムを弱体化: ちょうど(同じ理由のために)免疫薬と同様に、免疫力が低下を持つ人々は、乳酸菌を慎重に摂取すること。例としては、AIDS / HIV患者、癌の治療を受けている患者だけ臓器移植を受けた人が含まれています。

短腸患者:患者の小腸の大部分を排除されていると呼ばれる短腸患者を(。短縮による腸に)とによる感染症を発症するリスクが高い乳酸菌。

妊娠、授乳や乳酸菌、最も一般的な乳酸菌ラクトバチルス・アシドフィルス -含みます。

A-38と凝乳で見つかった-おそらく、妊娠中や授乳のために安全です。

しかし、徹底的にあなたが授乳中又は妊娠しているとされている場合は、それらを摂取を避けるべきであることを意味し、妊娠や授乳中に調べられていない乳酸菌の他の多くの種があります。

飼料中の乳酸菌

乳酸菌は、同じことは、少なくとも4000年のための食品や飲料の発酵とバイオ培養に使用されてきました。

それらは当然、本明細書に起こるように、乳製品に主に使用される乳酸菌。乳酸菌を含む食品の典型的な例であることができます。

チーズ
バター

乳酸菌は、乳製品の中で最も頻繁に発生するが、それらはまた、実施例で使用されています。ワイン、酸洗、ベーキングやソーセージを作ります。

乳酸菌は、食品や飲料中の三つの理由によって主に使用されています:

長く生活
彼らは、味を変更します
彼らは、テクスチャを変更します

乳酸菌はまた、我々の食品にそれらを使用する別の動機であるヒトにおける腸内細菌叢を改善する能力を有しています。